MENU

髪型変更で分け目の薄毛って改善するの?

最近、同じ髪型ばかりしていて分け目がくっきりしてきた、毛量が薄くなってきたと感じることってありますよね。けれど、髪型を変えると分け目の薄毛が改善されることはあるのでしょうか。20代、30代の女性の薄毛について考えてみましょう。

 

1)女性の薄毛は、びまん性脱毛症

同じ髪型を定番化させていて、いつもここで分け目が決まっているなんて方も多いのではないでしょうか。自分に似合う髪形が決まってくると、なかなか新しいチャレンジも、し辛いものですよね。

 

しかし、同じ髪型を続けていると分け目にクセが仕上がってしまい、地肌がくっきりと見えてきます。髪のボリュームもなくなります。これは、女性特有のびまん性脱毛症が原因です。びまん性脱毛症とは、髪が成長することをストップして起こる脱毛のことで、休止期脱毛と言われています。その原因は何なのでしょうか。

 

2)なぜ?びまん性脱毛症

原因として、精神的なストレスが挙げられます。急激に心に負担を背負ったり、外部からの強い圧力を感じたりするとストレスとなり、身体に不調が生じます。その影響が髪に現れた状態と言えます。

 

また、急激なダイエットや栄養不足、出産やピルなどの薬の投薬によって起こることもあります。慢性的な疾患の場合は、薬を始めることが原因となることもありますが、ピルの場合は、薬を止めるとホルモンバランスが崩れて薄毛になるなどの症状も確認されています。

 

また、貧血によって、常に血液中に鉄分不足が生じて頭皮の細胞にも、栄養を届けることが出来ずに気付かない内に薄毛になってしまいます。急激な体調の変化と、慢性的な体調の不調をそのままにしておくことで、びまん性脱毛症は知らないうちにどんどん進行して行くのです。

 

3)髪型の変化は改善におすすめ

薄くなってきたなと感じたら、髪型を積極的に変えることがおすすめです。すぐには、改善しないびまん性の脱毛症ですが、原因を取り除くことで徐々に良い方向へと改善していきます。

 

第1段階として、髪型を変える、分け目を変えることは一部分の髪への負担が少なくなります。決まった同じ所で分けずに、違う場所にすることで、外からの紫外線を浴びるなど刺激を受けやすくなる位置も変わり、負担が高かった部分を休ませることができます。また、髪全体のボリュームも出やすくなりますので、髪への精神的な負担も減って気持ちも晴れやかになりますよね。

 

まとめ

 

女性の髪形の変化は、気分を変化するにはとても有効な方法です。

 

「薄毛になったから心配だな」と悩むことも大切ですが、髪形を変えて気持ちをリフレッシュして薄毛と向き合うとストレスも減って薄毛も自然と良くなりますよ。