MENU

ドライヤーだけで抜け毛が40本って大丈夫?

 

お風呂上りに、ドライヤーを使う女性は多いのではないでしょうか。ドライヤーで髪の毛を乾かしていたら、髪の毛がまとめて抜けてしまった。数えてみたら40本も抜けている。自分の髪の毛が本当にまともなのかどうか、心配になってきてしまった。

 

ドライヤーについて心配している方は、本当にドライヤーが髪にいいことなのかどうかを考えていく必要があります。

 

一日に抜けるのは60から90本

ドライヤーで、まとめて髪の毛が抜けてしまった、と悩んでいる方。髪の毛が一日にどれくらい抜けていくのかご存じでしょうか。一般的に言われているのは、65〜90本と言われています。

 

100本ぐらい抜けているのが普通だと思ってください。ドライヤーを使って40本くらい髪の毛が抜けても、正常の範囲内だといいます。季節の問題もあって、秋になると抜け毛が増えます。秋の時期は髪の毛の生え替わりの時期だからです。

 

ドライヤーを使って40本程度の抜け毛が出たからといって、あまり心配することでもないのです。

 

あまり多い場合は要チェック

あまりに抜け毛が多い場合があります。この場合には薄毛を心配する必要があります。ドライヤー以外のことが原因で、抜け毛が増えているということもあります。

 

生活習慣が乱れていないかどうか、精神的に疲れていないかどうか、など、ドライヤー以外の原因も解決していく必要があります。

 

産後の抜け毛ということも?


あなたが出産してまもない場合、産後の抜け毛ということも考えられます。産後の抜け毛は女性ホルモンが急激に失っている状態です。半年〜1年かけて女性ホルモンが復活してくるので、我慢が大切です。

 

ただ、出産した女性は誰でも経験することです。周りで出産してハゲた女性はいませんよね?だからその抜け毛は正常ということで安心して問題ありません。

 

ドライヤー自体よくない

女性の方は、お風呂上りドライヤーを使うというのが一般的ですよね。普段から当たり前のように使っているドライヤーが、『髪の毛にいいのか』と言われると疑問があります。

 

髪の毛は、放っておいても乾きます。自然乾燥すればなんのダメージもありません。強力な熱を髪の毛に与えると、髪の毛の中に含まれているタンパク質が変容してしまいます。

 

髪の毛がちぢれてしまったり、ダメージの原因にもなります試しに、ぬれた本にドライヤーを当ててみると、その本は縮んでしまいます。これと全く同じ状況が、髪の毛にも起こります。

 

ドライヤーだけでゴボッと髪の毛が抜ける場合、毛穴や毛根に負担を与えています。どうしても温風ドライヤーを使うらなら、頭皮から30cm以上離すほうが肌によいでしょう。

 

 

髪の毛を乾かすにはドライヤーを使うべき?

 

髪の毛を乾かすには自然乾燥で十分です。女性の場合は髪が長く多いので、風邪をひいてしまったり面倒だと思ってしまう方もいます。

 

その場合、乾いたタオルで髪の毛の水分をとれるまで吸い取りましょう。8割ほど水分がとれたら自然乾燥です。

 

どうしても最後まで乾かしたい場合、ドライヤーの送風を使うといいでしょう。熱い風で乾かすのではなく、涼しい風で髪の毛を乾かすという作戦です。

 

冬の寒い日だと、温風を当ててしまいがちですが、頭皮に非常に悪いです。乾いたタオルでしっかり髪の毛の水分をとりましょう。

 

できるだけドライヤーを使わないようにして、自然乾燥を心がけてください。普段から、ドライヤーを使わないで自然乾燥することで、髪の毛にダメージを与えることもなく、キレイな髪の毛にいられます。

 

 

なぜ温風は頭皮に悪いの?

 

温風にするとドライヤーの吹き出し口の温度は120度です。ドライヤーを頭皮から30cm離した場合、髪の毛には50〜70度の風が当たることになります。この温度をずっと肌に当てると火傷になります。頭皮も同じです。頭皮は脳に近いため、肌に異常があるとすぐに再生細胞が活発になります。しかし、頭皮に悪いことをし続けると、再生細胞が死んでしまうことになります。

 

なぜ送風は頭皮に良いの?

 

反対に送風だとどうでしょう。涼しい風は毛穴を引き締める効果があります。毛穴が引き締まると、毛根にもとてもいいです。銭湯に行く人ならわかりますが、銭湯にはサウナと水風呂がセットであります。サウナで毛穴をあけて、水風呂で毛穴を閉じて引き締めます。これを繰り返すことで肌にスベスベになってきます。頭皮なら、ハリとコシのある髪の毛になってきます。
シャワーで毛穴を広げて、汚れた脂をとり、自然乾燥・ドライヤーの送風で毛穴を引き締めるということです。

 

まとめ

 

ドライヤーを使って、40本をまとめて髪の毛が抜けてしまっても、大した問題ではありません。

 

それでもドライヤーは、髪の毛に悪い影響を与えます。

 

ドライヤーの髪の毛への影響が気になった場合には、乾いたタオルでしっかり水分をとり自然乾燥を心がけましょう。