MENU
 

髪型を変えると分け目の薄毛は改善される?

髪の分け目が広く感じられ、肌の露出が増えていく現象は、安易に「髪型を変える」ことでは解決できません。

 

なぜなら分け目の広がりは薄毛のサインであり、原因は毛根部の発毛組織に、病的な原因が潜んでいるからです。

 

分け目が広がる原因とは?

毎日鏡で見ると頭髪の「分け目の薄毛」に気づきませんか?これは分け目が広く広がり、肌の露出が増え、非常に気になる状態です。

 

たいていは、あまりに長い期間同じ髪型をしていることでの”クセ”が原因ではないかと思ってしまいますが、実はそうではありません。この分け目が広がる原因は、毛根部の発毛機能全体が弱っていることから引き起こされる現象なのです。

 

女性の薄毛の悩みは年齢を追うごとに増えますが、最近では20代や30代の出産も経験していないような若い女性たちの間にも薄毛の悩みを訴える人が増えていますが、「分け目の薄毛」はその初期症状と思ってよいでしょう。

 

薄毛のチェックポイントとは?

分け目の薄毛ともに、以下のようなこともチェックしてみましょう。

髪が細くなった

 

スタイリングで髪が立ち上がらない

 

くせ毛になった

 

こういった症状が見られるときは、単に分け目だけの問題ではなく、頭皮全体の発毛機能がかなり低下している可能性があります。分け目が広がって薄く感じるのは髪自体が細くなっている証拠です。

 

これは毛髪の成長が十分でなく、原因として考えられるのが血流の悪化やダイエット、偏食による栄養不足です。ドライヤーやスタイリング剤を使っても、以前より髪が立ち上がらなくなるのも髪の成長が不十分でコシがなくなることから起きるのです。

 

くせ毛になる理由とは?

 

くせ毛になるのは、頭皮の発毛組織がある場所の「厚み」が減って薄くなり、髪が産毛の間に圧迫されることが原因です。これは実際に手で頭皮に触れることでチェックすることができます。指の腹で強く抑えた時にすぐに頭蓋骨を感じたり、また皮膚自体が以前よりも硬く感じられます。

頭皮が硬くなるのは、血流の悪化や栄養不足などが原因です。頭皮が薄い状態はくせ毛を作り出すだけでなく、毛根部全体が「弱体化」していますので、育毛全体に障害が現れる危険性があります。

 

頭皮環境が悪化してしまうと皮膚組織内にある「毛立筋」が弱ります。毛立筋は毛髪を支えて立たせる筋肉で、髪がボワッとしてまとまらない人は強く、反対に張り付いたようになる人は弱くなっていると考えられます。

 

「最近寝癖がつかなくなった」と感じる場合も毛立筋が弱っている可能性があります。毛立筋が弱くなるのも皮膚組織全体が不健康であるのが理由です。

 

まとめ

髪の分け目が広がるだけに見える症状の背後には、こういった髪と頭皮全体の状態が潜んでいるので、髪型を変えても数週間程で同じ状態になってしまうのです。

 

弱い毛根は少しの負荷でも影響を受けますので、仮にショートカットにすれば、多少はボリュームも戻りますが、それも根本解決にはなりません。

 

20代や30代の女性は、本来ならば生き生きとして、太くつややかな毛髪をしていることが普通です。頭皮が健康ならば、分け目に薄毛を感じたりもしないものなのです。

 

分け目の薄毛は全体の薄毛のサインですので、薄毛改善を始める良いきっかけになります。