MENU

女性にとって安全な育毛剤選びとは?

最近は女性用育毛剤の品揃えが充実しています。それだけ、薄毛に悩む女性が増えているということに他なりません。育毛剤ならどれでもよいというのではなく、せっかく育毛剤を使うのであれば安全で効果があるものを選びたいものです。育毛剤選びの際に押さえておかなくてはいけないポイントは3つあります。

 

1)女性用育毛剤を選ぶ

育毛剤には男性用と女性があります。同じ育毛目的でも、男性と女性では薄毛の原因も症状も違うからです。男性の場合は男性ホルモンの影響を受けて、毛髪が産毛のようになり、やがて抜け落ちていき、その後は生えてこないのが特徴です。

 

それに対し、女性の場合は妊娠、出産や更年期をきっかけとしたホルモンバランスの乱れが主な原因で、全体的に薄くなるのが特徴です。女性ホルモンのうちエストロゲンは髪の太さやハリ、ツヤに関係していて、女性よりも男性に薄毛が多いのはそのためです。男性と女性では薄毛の原因が違うので、女性向けの育毛剤を選ぶことが大切です。

 

2)自分の頭皮の状態に合ったものを選ぶ

育毛剤の種類は多岐に渡り、大きく分けると飲むタイプと塗るタイプに分かれます。飲むタイプには育毛サプリメントがあり、体の中から頭皮環境を整えて、健康な髪を生やすことを目的としています。塗るタイプは大まかに分けると、女性ホルモン配合タイプ、保湿タイプ、血行を促進するタイプの3種類があり、症状別に選ぶべき育毛剤も違います。

 

急に抜け毛が増えた場合は、男性ホルモンを抑え、女性ホルモンと似た働きのある成分が配合されている育毛剤がおすすめです。チョウジ、オウゴンリキッド、カンゾウエキス、ヨモギエキスなどがあてはまります。

 

頭皮の乾燥も抜け毛の原因となり、頭皮にフケが多い場合はヒアルロン酸、ヘチマエキスなどが配合された保湿タイプがおすすめです。フケでも大きな塊がある場合は、皮脂の過剰分泌が原因です。皮脂の過剰分泌は頭皮の酸化や雑菌の繁殖を招き薄毛の原因となるので、保湿成分に加えてペパーミントやウイキョウなどの抗菌成分を含むものを選びましょう。

 

他に、すべての薄毛に対応すべくヘアサイクルを正常化させるための血行促進、新陳代謝促進タイプがあります。シャクヤクエキス、唐辛子エキス、ボダイジュなどが含まれます。自分の症状に合った育毛剤を選ぶようにしましょう。

 

3)無添加のものを選ぶ

薄毛対策のためには頭皮環境を整えることが大切になります。石油系や硫酸系などの刺激の強いものが配合されていると、せっかくの育毛剤の効果も台無しです。育毛剤の効果を最大限に活かすためにも、頭皮に優しい天然成分を配合したもので、なおかつ頭皮に刺激となるような添加物を使用していないタイプを選ぶことが安全と言えます。

 

育毛剤は一度使えば効果が出るものではありません。使い続けてこそ効果が出るものなので、安全で、自分の症状に合ったものを選ぶようにしましょう。

こちらの記事もよく読まれています。