MENU

柑気楼(かんきろう)は男性でも効果ある?

育毛剤として有名な「柑気楼」は手軽で効果が高いロングセラー商品です。どちらかというと、これまでは女性の購入者が多い傾向にありましたので「女性用」と勘違いされる方も多くおられますが、実は男女兼用なのです。

 

フィナステリドなどの発毛医薬品には女性の使用を禁じているものもあり、育毛剤を選ぶときには注意が必要なのは事実ですが、柑気楼に関しては強い薬剤は一切使わず、自然の植物や生薬のみの配合ですので、性別の差なく使用可能なのです。

男性に効く育毛剤・効かない育毛剤

 

男性型脱毛症は、男性ホルモンであるテストステロンが還元酵素の影響によって悪性のジヒドロステロンに変異してしまい、ジヒドロステロンから発せられる「脱毛司令」が原因です。

 

また血流の悪化により、発毛に必要な栄養と酸素が毛根部の毛母細胞に届かないことも髪の成長を止めて発毛を不完全にします。

 

これらの原因に当てはまらない育毛剤では男性には効果がありません。女性の「びまん型脱毛症」の原因は男性のものとはメカニズムが違うために、それを改善する成分にももちろん違いがあります。

 

とうぜん、原因に当てはまらなければ結果も出ないのです。

柑気楼は男女の薄毛の原因に共通する成分が使われている

 

柑気楼は3種類の柑橘エキスと3種類の生薬から構成されています。現在主流となる育毛剤と比較すると「少ない」と感じられるかもしれませんが、育毛効果のある成分として科学的な論証がしっかりとしたものですので、効果は絶大です。

 

そしてこれらの有効成分は男女の薄毛の原因のどちらにも有効なものです。

 

柑橘エキスとグリチルリチン酸による頭皮環境の改善

 

センブリエキスによる毛母細胞の活性化

 

オタネニンジン(朝鮮人参)による血流の向上

 

「柑橘エキス」というのが柑気楼の最大の特徴ですが、これには頭皮細胞を柔らかくする効果の高い成分です。昔から「ハゲの頭皮はかたい」と言われていましたが、頭部の皮膚細胞が硬化することで血流が悪くなったり、毛根機能を弱らせることも科学的に知られています。

 

ただし、高血圧の方は要注意

また絶大な発毛効果で知られる「ミノキシジル」は、メカニズムとしては単純であり、「血管を拡張する」というだけのものなのです。

 

柑気楼に配合されているオタネニンジンエキスの血流の向上効果は非常に高いことで知られ、高血圧の人への処方が禁じられているほどです。

 

”血流改善”が薄毛治療の基本であることは最近知られるようになりましたが、こういった面でも柑気楼は的を得た配合がなされていると言えます。
もちろん、血流を上げることによる薄毛の改善に性別の差はなく、男性でも女性でも育毛効果は期待できます。

 

 

>>柑気楼のお得キャンペーンはコチラ

 

 

 

 

 

まとめ

 

このように柑気楼は男女関係なく使用できる数少ない育毛剤です。

 

レビュー・口コミなどに寄せられるユーザーには少なからず男性のものあり、評価も満足度の高いものが目立ちます。